ついに歯の再生に成功!?

世界初、人間の歯根膜を使用して『人間の対外で歯を復活する』という事に日本歯科大学内で構成された研究チームが成功したという報道がありました。「インプラントって本当に大丈夫なのか?」と疑問に思っていらっしゃる方へ。その答えは「治療する先生に寄ります!」ということです。手術する歯科医により結果は全く異なります。大阪心斎橋のミント歯科ならインプラント専門医が手術にあたります。

これを容易く説明すると『人間の歯根膜の細胞を培養して作ったシート状のものをマウスの歯冠の部分を包んで培養液に入れたところ、約一ヶ月で歯根と歯根膜なども形成され、ほとんどすっかり復活した』と言う結果になります。

それ以上に、この復活した歯をマウスに移植したところ、移植自体も、機能も問題なかったようです。

この技術は現在進化を続けているインプラントに代わる治療になるかもしれないと十分期待されるようです。実用化は未だ未だ先でしょうね・・・

歯根膜はインプラントにはありません。

これは相当重要で、歯根膜によって人は噛み締め感があるわけです。
それがないと直感的に噛み過ぎで歯冠にあたる上部構造が壊れてしまうことがあるようです。

もし歯根膜も元通りにするとなると・・・これは困った成果かもしれないですね。

「パーフェクトぺリオって現に有効性があるの?」

■パーフェクトぺリオは何なのか

2005年に栃木県にある野口歯医者学研究所が開発した口腔機能水『パーフェクトペリオ』は、口腔内の 虫歯の要因菌(ミュータンス菌や歯周病菌)を、たった10秒間うがいするだけで、ほとんどすっかり殺菌することが出来ると噂されている内容物を『次亜塩素酸電解水』とした水のことです。大阪近辺のホワイトニング歯科で「とにかく上手!」と評判の高い歯科医院なら、大阪の中心地新橋にある大阪中央審美ホワイトニングサロンがおすすめです。大阪ではホワイトニング歯科医院として抜群の評価です。

あるパーフェクトぺリオのサイトには『普通の歯磨き後、毎日、約15mlの量で10秒間うがいをするだけで、軽い症状な歯周病、歯槽膿漏、歯肉炎の方なら、ホームケアのみでも、効き目が期待される』とありました。

『治ります』と公表できないのは薬事法を考慮してのことでしょう。

歯科医院で行うパーフェクトペリオによる治療では、高濃度のパーフェクトペリオを使用して口腔内の歯周病菌をすっかり溶菌するので、軽い症状の方:1回、中等度の方:2回、重大な方:ほとんど3回で、治療が終わると書いて見られます。

だけども専用機械やその他それ専門のものが必要とされるので、経費的な問題で治療費は高額になってしまいます。

パーフェクトペリオは、体への影響がほぼ無いと考えられています。

だけども長期的な研究結果には至っていないため、すっかり安全とは言い切れないようです。

使用においてパーフェクトペリオを使っている歯医者師が、必要な倫理的事項に対して、どう対処されているのか細部が不明ですし、薬事法未認可の為、今ではパーフェクトぺリオを精製する機械は販売中止しているようです(2011.1.29現在)

ここで気をつけていただきたいのが『殺菌すること=虫歯・歯周病に有効性がある』ではないということです。
心斎橋近辺の歯科で「安心できる!」と評判の歯科医院なら、心斎橋所在のミント歯科へお越しください。2011年開業の新しい歯科医院です。
これは某歯科データサイトの運営者さんが書いていました。

■虫歯・歯周病だけではなく、それ以外に有効性があるか

歯周病菌(口臭の原因)も殺菌できることから、口臭治療にも効果的だと考えられています。

これだけじゃなく第58回日本ウイルス学会でパーフェクトペリオは新型インフルエンザウイルスを10秒間で99.9%殺菌することが可能だということが研究発表されたようです。

今後どういった使用やり方が発見されるのか楽しみです。

未だ未だ安全性に対して、パーフェクトペリオというのは、実験が不足しているようです。

薬事法の認可がおりるまで、心配しないで使用出来ないかなと考えます。
更に高額な治療費したがって、一般的に普及するのは、すくなくとも2~3年後になるでしょう。

口内の具合はもちろんのこと、全体の状況も盛り込んで、担当の歯医者さんとゆっくり打ち合わせをしてから、インプラントを開始するようにしましょう。
口の開け閉めが原因の筋肉の緊張を和らげ、曲がってしまった顎関節の中の方を正常化する運動を実践したり、顎関節の運動を良くするエクササイズをしてみましょう。
親知らずをオミットする場合には、とても強い痛みを逃れることはできないことが要因で、麻酔なしの手術を実施するというのは、患者にとって過度な負荷になると推察されます。
虫歯の元は、ミュータンス菌という名前の元凶の菌による汚染です。一度でも口内にムシ歯菌が出現したら、それを100%取り除くのはことさら困難な事なのです
歯のレーザー治療法では、虫歯そのものをレーザー照射で消し去ってしまい、それのみか歯の表層の硬度を補強させ、虫歯になるのを防ぎやすくする事が難しいことではなくなります。

口内炎のレベルや起こるところ次第では、舌がただ移動するだけで、大変な激痛が走ってしまい、ツバを飲み下すことさえ難儀になってしまいます。
只今、ムシ歯を有している人、ないし前に虫歯を患っていた人、なんと日本人のざっと9割がこうしたムシ歯菌を、絶対に具えているのだとされています。
昨今ではホワイトニングを体験する人が増大していますが、その時に採用した薬剤が原因となって、凍みる感じのする知覚過敏の病状を導いてしまう事があり得るのです。
日本は歯の病気予防における残念なことに後進国といわれ、欧米人に比べると、実は日本人の歯の寿命は短縮傾向がみられます。最初から歯に限らず病気予防全般に取り組んでいる思想が異なるのでしょう。
虫歯のきっかけとなる虫歯菌や歯周病菌を可愛い赤ちゃんに感染させないためにも、結婚や出産を間近にした女性の方はムシ歯治療は、余すところなく完治させておくべきだと考えておくと良いでしょう。

口の臭いを抑制する効き目がある飲料に、コーヒーが知られていますが、大量に飲みすぎるとなぜか口のなかが乾き、皮肉にも口臭の元になるそうです。
デンタルクリーニングというのは、歯周病の菌の広がるのを止める優秀な手段だと、科学的に認められ、単純に爽快なだけではないという事です。
審美歯科とは、表面的な綺麗さばかりではなく、噛み合わせや歯並びについての修築をし、その賜物として歯が持つ本来の美しさを復することを極める治療方法です。
診療用の機材というハード面は、高齢化社会から望まれる、歯科医師による訪問歯科診療の目的を達成することが出来る基準には達しているということが言っても問題ないと思います。
最近になって歯周病になる原因を除去する事や、大元となる菌に汚染された所をクリーンにすることで、組織が再び再生することが実現できる治療の技術が整いました。