PMTC

PMTCとは、毎日、残すところなく磨いているつもりでも、歯ブラシの届きにくい所や汚れが溜まりやすい部分を歯科衛生士が専門的な器械を使用して磨き上げることです。

PMTCの効果としては、虫歯や歯周病を防御するはたらきや改善、歯の性質の強化と一緒に、歯の着色を取り除き、光沢のあるきれいな歯をキープする、などが標準的なものです。静岡市葵区の歯医者さんで「評判が良い!」と高い評価の歯医者さんだったら、みまつ渡辺歯科医院へ足を運んでみて下さい。院長先生の診察は信頼感がありますよ。

痛みもなく短時間に終了します。

PMTCの効果

・バイオフィルムの破壊

1.菌自体の力を弱める→虫歯になり難い口腔になる。
2.歯周病、歯肉炎の予防成果を高くする。

・きれいな歯を維持、口臭を予防。

バイオフィルムとは

ミュータンス菌などの細菌の集合体が、歯の表面に膜を形成したものをバイオフィルムといいます。

バイオフィルムの形成過程
マイクロコロニー、バイオフィルムの形成、バイオフィルムの成熟
虫歯菌によるバイオフィルムの形成過程

バイオフィルムが形出来てしまうと、抗菌剤、フッ素化合物などの薬剤が歯の表面まで行き届くことが出来ない為、効き目が不いろいろとなります。

PMTCの治療順番
治療計画と治療やり方・ケア

歯の染め出し検査など、口腔を診査し、現在のお口の状況を伝え、今後の治療方針をご相談します。

歯石取り(歯石を微小なところまで取る)
歯を磨く(ジェルを使用)
有益なジェル塗布
歯の性質強化を図るフッ素
フッ素塗布
歯石除去 それ専門の器具を使用して、歯石を微小なところまで排除します。
着色除去    それ専門の器具から重炭酸ナトリウム塩を吹き出して、歯の表面のヤニ
や茶渋などの着色を排除します。
研磨(ケンマ) それ専門のジェル(フッ素配合)を使用し、歯間や表面を1本ずつ丁寧に磨きます。
フッ素塗布 口の中を洗い、歯の性質を増強するフッ素を塗布し仕上げます。
ホームケア 最終的に、家庭での歯磨きの指導、この後の計画を話し合います。

このごろは医療の技術開発が著しく進展し、針の無い無針注射器シリジェットや痛みの少ない様々なレーザー治療器を利用することにより、大幅に痛みを抑えられる「無痛治療」という治療方法が存在します。
日頃の歯ブラシでのケアを入念にすれば、この3DSのために虫歯の原因菌の除菌された状態が少なくとも、4~6ヶ月位持続できるようです。
数が少ない口腔外科という所は、歯槽膿漏、むし歯或いは入歯等の治療に加えて、他にも口内に現れるありとあらゆる症状に立ち向かう診療科目だと言えます。
義歯に対して連想される負のイメージや良くない固定概念は、自身の歯牙との使い心地の差を比べて考えるために、どんどん増幅していくのだと考察されるのです。
口の臭いを抑制する作用がある飲物に、名前があがるのはコーヒーですが、多く飲みすぎると口腔内が乾き、かえって口の臭いのきっかけとなります。

インプラントというのは、歯肉の下に在るあご骨に、親和性が高く体への負担が少ないチタンで作られた人工歯根を埋め込んで、それを礎に人造歯をきっちり装着する治療方法を言います。
歯の外面に固着した歯垢と歯石等を取る処置を、デンタルクリーニングと呼びますが、先ほどの歯垢や歯石等は、不快なむし歯の遠因となるようです。
上顎と下顎のかみ合わせの異変は、耳のあたりに異音が起こる顎関節症の発端の一部ではあるけれど、それ以外にも誘発事項があるのではないかと言われるように変わってきたのです。
つい最近では歯のホワイトニングを経験する人が多いですが、そうした時に採用した薬剤が要因となって、歯が凍みる感じのする知覚過敏の徴候を発生させる事が想定されます。
インプラントはまるで違和感を感じることもなく、飲食時も自分の歯のように楽しめます。更に、この方法以外の治療方法に比較して、顎の骨が少しずつ痩せていくというという不安がありません。

永久歯というのは一般的には、32本生えるはずですが、環境によっては、永久歯の出揃う年令になったとしても、一部分の永久歯が、不思議な事に出てくる気配のない状態があってしまうそうです。
反面、糖尿病側から判断して考えると、歯周病によって血糖を調節することがほとんど不可能になり、それが原因となって、糖尿病に拍車をかけることを引き起こす恐れがあり得ます。
初期の頃は歯周病の原因となる菌が歯の表面に貼りつき、それが引き金となって歯肉が炎症を起こしてしまって赤く腫れてしまったり、ハブラシで歯のブラッシングをすると毎回血が出てしまうような症状を起こすのが歯肉炎の特徴です。
キシリトールはムシ歯を食い止める有用性があるとされた研究の結果発表があり、それ以降からは、日本はもちろんのこと世界のいろんな国で積極的に研究がおこなわれてきました。
唾液そのものは、口のなかのお掃除役とも言われる重要な役割を担っていますが、その大事な唾液が減少すれば、口のなかのニオイが強くなるのは、当たり前のことだと言われています。